岡崎市議会議員 小田たかゆき オフィシャルHP

【議会】H30年9月定例会/決算討論 原稿

2018/09/28 16:00 議会報告

 

本会議最終日の議案の賛否に関して述べた会派の討論の原稿です。

 

いつものことですが、こちらは正式な議事録ではありません。文責は私にあります。

議案討論原稿

チャレンジ岡崎・無所属の会を代表いたしまして、本定例会に上程されました全議案に対して、賛成の立場から討論を行います。

70号、71号、80号議案についてです。本議案は学区市民ホームを地元へ譲渡するための議案であると理解しました。譲渡後は地元の地縁団体が利用規約の作成をすすめ、自由度が増す施設になるとのことです。また、譲渡後は一人あたりの維持費が約2,100円となるとのことでした。これは過度なものとは考えられません。加えて、将来世代を見据えた取り交わしもされているとのことです。より一層の自治の振興が興ることを期待します。

72号議案「財産の譲与について」及び85号議案「岡崎市中山間地域農村活性化施設条件の廃止について」です。本議案は、施設の建物及び物品を地元の桃久保自治会に譲与するものです。これにより、主体的な活用がなされ、集落の維持・増進・地域力の向上が期待されます。自治会には約410万円の建物の固定資産が無償で入るわけですが、一方で建物の維持管理費が生じてきます。この点についても、地元との交渉で合意形成が行われていると伺いました。今後も、譲与に向け、様々な準備や調整があると思いますが、円滑な引き継ぎが行われるようお願いします。

73号、74号、75号、76号議案「工事請負の契約について」です。本議案は、岡崎中央総合公園の体育館、錬成道場の天井、便所、バリアフリーの改修、及び、電気、機械設備等の改修工事です。耐用年数は15年から20年と言われていますが、すでに、27年が経過しています。建築基準の改正もあり、また、更新する時期をすぎたのも多くあると伺っています。利用者への周知徹底と、工事の安全管理をお願いしておきます。尚、76号議案は入札条件を準市内に広げたにも関わらず、結果は1社入札となり落札率も96.96%と高くなっています。1社入札等についてはぜひとも改善を要望しておきます。

77号、78号議案「工事請負の契約について」です。本議案は、市営住宅平地荘新築工事(A工区)(B工区)の契約を行うものです。更地に建設することはたやすいことですが、入居者がいる中での建設は、仮移設先を決めなくてはならず、困難が予想されます。それにもかかわらず、担当課の努力で24件の仮移転先も見つかり、スムーズに工事が始められるとのことです。今後、工事にあたっては、安全管理に十分気をつけて頂き、無事故で竣工されることを期待いたします。

第87号議案「平成30年度岡崎市一般会計補正予算」についてです。

8款3項2目 道路維持修繕業務です。本業務は山綱町で発生した法面崩落事故に伴い、土砂、落石の危険性に対して安全を確保し、崩落箇所の法面保護工事に実施するものです。現在も市道舞木蒲郡線は、通行止めになっており、地元住民に大変なご不便をおかけしております。早急の復旧が待たれるところです。今回の山綱町の法面崩落事故を教訓とし、今後、同じような事故が起きた場合、できるだけ早く復旧するには、法面を仮工事で形成し、本工事着工までの間、1車線を通すべきと考えます。山の所有者が国、県、市、の公用用地か、民地かで対応の仕方が違ってきます。スムーズにすすめるには条例化が必要と考えます。この2つの考えを検討していただけますようお願いしておきます。

8款5項1目 大門駅周辺整備業務です。本業務は、将来大門駅のバリアフリー化、及び、複線化に備えるために用地を取得し、当面は、自転車駐車場、及び、バス待避所を暫定整備するものであります。大門駅の乗降客数は毎年増加し、今後は1日あたりの平均乗降客数が3,000人を越えることが予想されます。1日も早い駅のバリアフリー化をお願いしておきます。

以上を申し上げまして、全議案に対し、成の討論とさせていただきます。ありがとうございました。