岡崎市議会議員 小田たかゆき オフィシャルHP

メールマガジンVol.30(①これに注目!市政のこと②活動報告③ご案内)

2019/07/31 00:00 議会報告

こんばんは。今月もメールマガジンを配信する運びとなりました。
議会改革が叫ばれるなか、まず議員としてできることは個人の情報発信からではないでしょうか。
それでは、今月もご高覧いただければ幸いです。

┃1.これに注目!!~市政のこと~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━
◆議員研修会が議場でおこなわれました
http://rn.msgs.jp/us/c2/vsMdU?t1=v&t2=2pBuynezbc3&t3=R4jMv

今回は議員倫理と議会が主な主題でした。

昨今、巷を騒がせることが多い、セクハラ・パワハラですが、残念なことに、議員も加害者となっています。自らの意識を高めることはもちろんのこと、そのような事件が起きたさい、議会としてどのような初動をおこなうことがいいのか、また、いかなる制裁を加えることができるのかを学びました。

さて、この機会にあらためて触れざるおえないこととして、ご存知のように、岡崎市議会でもセクハラ事件があり、議会としてはもっとも重い処分である辞職勧告決議を採択しました。

経緯はこうです。

三浦議員は改選前(2016年)におきたセクハラ疑惑で議会にたいし行為を否定。しかし、その後行われた、新聞社を相手取った裁判(一審敗訴、控訴中)では、発言や行為は一部認めつつも、それはセクハラではなく「親しい間柄」におけるやりとりであったと陳述。これをうけ、今年の3月議会で、三浦議員の議会へ対する説明と、裁判でおこなった陳述に著しい齟齬のあることを重く受け止め、辞職勧告決議を採択、です。

残念なことですが、わたしも採択に賛成したものの一人に違いはありません。

ご教授いただいた内容を糧に、毀損された議会の信任、信頼を少しでも回復できるよう、今後も厳しい態度で臨みたいと思っています。

◆名古屋市の子ども・若者総合センターへ視察
http://rn.msgs.jp/us/c2/vsMdE?t1=v&t2=2pBuynezbc3&t3=R4jM0

ひきこもり、8050問題で有効な対策をおこなっている機関に名古屋市の子ども若者総合センターがあります。

機会があったので、直接伺いお話しを拝聴してきました。

以前にもこのメルマガで触れたとおり、ひきこもりの支援には、支援者が支援を必要とする人とともに伴走していくことが大切だとされています。

専門家にフルのではなく、ともに出向く、ことです。

視察では、出向く先がいかにたくさんあるか、なければどうつくるか、それを丁寧に、かつ、確実にやることがセンターの意義だと教えていただきました。それは、市の機関や病院、社協、民生委員、市民団体はもちろんのこと、必要とあれば趣味のサークルまで、幅広いジャンルの団体、人々とセンターが繋がることにより、当事者やその家族が必要とするメニューを電話一本で構築できる社会資源を膨大に蓄積していることです。

これは一見、単純にうつりますが、愛と情熱を抱え、なにより時間的な蓄積が必要です。

上記を勘案すれば、岡崎市の体制をすこしでもはやく作り上げていくことが大切なはずです。

┃2.活動報告
┗━━━━━━━━━━━━━━━━
◆籠田公園がリニューアルオープンしました
http://rn.msgs.jp/us/c2/vsMdZ?t1=v&t2=2pBuynezbc3&t3=R4jMu

7月26日にリニューアルオープンした籠田公園の記事です。いくつか写真をみていただくことができるので、想像を膨らませていただく一助になるのではないかと思います。8月には数多くのイベントが予定されていますので、ぜひ直接足を運んでいただければ幸いです。

◆富山市の公共交通政策を視察してきました -視察1日目-
http://rn.msgs.jp/us/c2/vsMdS?t1=v&t2=2pBuynezbc3&t3=R4jMz

会派視察で富山市の公共交通政策とコンパクトシティについて現地を見てきました。

富山駅を中心に路面電車やバスを有機的に連関することで、自動車依存の都市構造の変換を目指すとともに、公共交通網が張り巡らされる中心市街地と居住区域を繋ぎあわせることで、社会インフラの維持コストを下げるとともに、中心市街地の再活性化を目論む野心的な都市計画を整備しているのが、富山市です。

少子高齢化、人口減少社会における歳入の低下が危惧されるなかで、いかに行政コストを下げつつ、サービスの水準を維持するかは大切な課題であり、町の構造自体をつくりかえることが、解決策のひとつの方向性であるのは間違いありません。

しかしながら、お話しを聞きつつおもうのは、あたりまえですが、どの町も歴史を無視して構造をつくりあげることはできない、そのことです。

富山市においては、高度経済成長期の車社会への急激な移行にもかかわらず路面電車が経営をつづけ、かつ複数の在来線のハブ駅として存在してきた上に、廃線が予定されていたJR線を市が買い取り、次世代型の路面電車を走らせ、いまの形がつくりあげられてきました。

それをそのまま岡崎市に横滑りさせることはできません。

岡崎市のそれを考えるとき、いまある資源をうまく組み合わせつつ、必要なところに大幅な手当をするのが最善なはずです。

そのことを再確認するいい機会を得ました。

┃3.ご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━
◆Line@での発信をはじめました
http://rn.msgs.jp/us/c2/vsMdO?t1=v&t2=2pBuynezbc3&t3=R4jM8

日々の情報をLine@でも発信しています。
ぜひ、こちらも登録して頂けると幸いです。

◆朝の駅頭活動(不定期)
不定期ですが、週の二日はJR岡崎駅前で
AM:7:00〜8:00
改札口の前にて駅頭活動をしています。忙しいお時間ではあると思いますが、それでも続けていくことで時にご意見をいただくことができます。

もし、見かけたらお声かけくださいね!!

┃4.お知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━
◆小田たかゆき通信 No.05を発行しています。
http://www.odatakayuki.com/gikaihoukoku/2019-01-31-448.html

小田たかゆき通信の最新号(No.05)を配信しています。
いつも同じような話題ですが「大事なところには二重線を引く」で定着させることが大切なこと。

ということで、ぜひ、ご一読頂ければ幸いです。

◆いつでも市政相談、行政相談を受けたまわります。
いつでも市政相談、行政相談を受けたまります。お気軽に下記連絡先へご連絡ください。
──────────────────────────────
◆配信先変更の方法
配信先変更を希望される方は、ご面倒では御座いますが、件名に【配信先変更】と明記の上、本文に、現在のメールアドレスと変更するメールアドレスの両方を記載し、oda.takayuki.office@gmail.comにメールを送信してください。
──────────────────────────────
◆配信停止の方法
配信停止を希望される方は、ご面倒では御座いますが、件名に【配信停止希望】と明記の上、本文に、送信されているメールアドレスを記載し、oda.takayuki.office@gmail.comにメールを送信して頂ければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆発行
岡崎市議会議員 小田たかゆき
http://www.odatakayuki.com/ 

〒444-0837 岡崎市柱3-10-4
M-Phone:090-9894-5920
E-Mail:oda.takayuki.office@gmail.com
Twitter:@odatakayuki1984 (https://twitter.com/odatakayuki1984)
Facebook:https://www.facebook.com/odatakayuki/
Instagram:@odatakayuki(https://www.instagram.com/odatakayuki/?hl=ja)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━